プエラリア 不妊

MENU

なぜプエラリアを飲むと“不妊”になるのか

プエラリアには、植物性エストロゲンのイソフラボンやミロエステロールが含まれていますので、身体の中で女性ホルモンにそっくりな働きをするのですが、必要以上に服用すると、本来の女性ホルモンの分泌機能が低下してしまいます。

 

体内で分泌していたエストロゲンなどの女性ホルモンを分泌しなくなると、ホルモンバランスが崩れ、不妊症になってしまうわけです。
プエラリアを継続的に過剰に服用し続けると、妊娠できない身体にになってしまう可能性もあるのです。

 

では、どのように摂取すれば“不妊”にならずに服用できるのか

プエラリアは、ミロエステロールやイソフラボンといった女性ホルモンによく似た働きをする成分を含むサプリメントで、正しく飲むとバストアップや美肌効果があります。

 

しかし間違った方法で服用すると、リスクや副作用がありますので注意が必要です。

 

プエラリアには、確かに優れた効果があるのですが、効果を早く実感したいと規定量より多く摂取をすると、女性ホルモンの分泌が過剰になり、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

 

プエラリアを初めて飲む時は、商品に記載された使用量を守り、過剰摂取しないように十分に気をつけましょう。
最初は少量から始めて、自分の体質や体調に合う量を探り調節していくのが良いですね。

 

サプリメントを飲み始めて、胸にハリを感じたり、生理の周期が乱れたりする場合はサプリメントの影響が出やすいと考えられますので、量を減らしてみましょう。

 

決して規定の使用量以上は服用しないで下さいね。

 

 

 

プエラリア,不妊,安全,バストアップ,サプリ